読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“いい話”がきらいだ

“いい話”がきらいだ。ここで言う“いい話”とは例えば家族の大切さとか、友情の尊さとか、もしくは「学生の頃~~~があって今では私の嫁です」とか、老人を労わる話とかそういう類のもの全部だ。これがきらいだ。と言えば、人として何か大事なものを欠いてい…

非政治的政治談議:現代政治の見取り図

政治の話はやめておこうと思っていたのだが、思いついたので書いてしまう。可能な限り自己への呵責を捨て去るのが本ブログの趣旨である。しかしここで「反アベ」とか「日本の心がどうちゃらこうちゃら」などと言っても興醒め以外の何物でもない。そんなテン…

ただの日記 +平沢進論(α)

パソコンを買った。借金で買った。いや、僕も一応バイトくらいはしているので、その給料で買ったと言い張ることが出来るレベルの価格帯には抑えてあるけれども。なんのために買ったかというと、まぁこれでシヴィライゼーションが快適に遊べるなーとも思って…

健全な、あまりにも健全な

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉がある。ふとこれを思い出して、「文言はこれであってたっけ?」と思ったのでググッてWikipediaのページを見ていたらこんなことが書いてあった。 近世になって世界規模の大戦が始まると状況は一変する。ナチス・…

筆遊び:内宇宙的恐怖、あるいは対内宇宙恐怖症

ふと思い出したのだが、子供の頃、定期的に天体観測所(?)に連れて行かれた時期があった。文明史的立場から区分すればあれはまだ20世紀に属する時代のことで、日本現代史的立場から区分するならば、まだ一億総中流時代の端っこであったと言えるだろう。ご…